みと街の魅力を発信する

水戸歴史街道消費化拡大グループは、東日本大震災で被災した水戸の中心商店街の商店主等で構成される地域活性グループです。中小企業等グループ施設等復旧整備補助事業を活用して、震災復興後の水戸を全国にPRすることを使命に、地域に貢献するべく、大型パネルの設置や水戸の魅力を紹介するガイドブックを製作し、水戸の観光振興とこの街の魅力を発信する事業を展開しています。

「一点集中型のガイドブック」

水戸を読む

第一弾 偕楽園探訪記
歴史や文化を掘り下げ、偕楽園に実際に携わっている人々の「偕楽園」の魅力を探究。


第二弾 偉人探訪記
水戸に深い縁をもつ偉人三名と街との関わりに焦点をあて、水戸に根付く文化を再発信。


第三弾 納豆探訪記
水戸の代名詞ともなっている納豆。この街と共に歩んできた歴史と伝統を守り継ぐ、人々を特集。

 

水戸を観る

水戸駅北口からペデストリアンデッキでつながる駅前広場に、水戸の歴史観光拠点である「弘道館」、「偕楽園」、「歴史館」のパネルを設置。水戸の四季の慶びを体感してください。

 
水戸のお役立情報

アプリを

GET!!